住吉会館会則

第1章 名称及び事務所

第1条 東住吉、西住吉、南住吉、住吉の4町内会(以下各町内会)の所有する
    東住吉8番13号地内の建物を住吉会館(以下会館)と称する。

第2条 会館の事務を行う事務所は会館内に置く。

第2章 目的及び事業

第3条 各町内会集会の機関とし、各町内会相互の親睦を図り地域の文化、保健
    の向上、環境の改善等、各町内会発展に寄与することを目的とする。

第4条 前条の目的達成のために別に定めた使用規定に基づく事業を行う。

第3章組織

第5条 会館の運営維持管理のため住吉会館運営委員会(以下運営委員会)を置く。

第6条 運営委員会に次の役員を置く。
    運営委員長 1名、副運営委員長 1名、会計 1名、
    運営委員 若千名、管理運営委員 若干名、監事 2名。

第7条 運営委員の選出
  1.各町内会長は協議により4町内会順番制による当番町を決定する。
  2.各町内会長は各町内会ごとに理事以上2名の運営委員を選出する。
  3.当番町より選出された1名を運営委員長とする。
  4.当番町より選出された1名が会計を担当する。
  5.次期当番町より選出された運営委員1名を副運営委員長とする。
  6.運営委員より監事2名を選出する。
  7.管理運営委員若千名を運営委員会で推薦委嘱する事ができる。
  8.当番町の任期及び運営委員の任期は2年とし再選を妨げない。

第8条 運営委員の任務
  1.運営委員長は会館を代表し会務を統括する。
  2.副運営委員長は運営委員長を補佐し運営委員長事故ある時はこれを
    代行する。
  3.会計は出納、経理を処理する。
  4.運営委員は会館日常運営の諸事を処理し総合的推進力となる。
  5.監事は会計の監査にあたる。
  6.管理運営委員は防火管理指導及び貸席受付け、鍵保管、会館内外の備品等
    の維持管理を行う。
  7.運営委員会は各年度の事業、予算及び収支決算等について立案し合同会議
    に付議する。

第4章 会議

第9条 会議体として、運営委員会会議と合同会議を置<。
  1.運営委員会会議は必要に応じ運営委員長が召集する。
  2.合同会議は各町内会長と運営委員をもって構成し、町内会長が運営委員に
    要請、若しくは運営委員会より町内会町会に要請があった時に開催する。
  3.合同会議は運営委員会より付議された、事業、予算及び収支決算等に
    ついて審議、承認を行う。
  4.各町内会長は、合同会議の内容等を各町内会に報告するものとする。

第5章 会計

第10条 会費は会館運営費及び寄付金、その他の収入をもって充当する。
  1.会館運営費はー世帯1ヶ月、20円とし各町内会で拠出し期初に会計に
    納入する。
  2.特別の世帯に対しては会費を減免する。

第11条会計年度は毎年4月1日より3月末日までとする。

第6章 附則

第12条 本会館は下記の帳簿を備え会計がこれを保管する。
    金銭出納簿、その他

第13条 運営委員会の決定により毎期末、管理運営委員に対し若干の記念品を贈る
    ことができる。

第14条 会館の使用規定は別に定める。

第15条 本会則の改廃
  1.本会則の改廃は合同会議で行い、出席者の2/3以上の賛成を得て決定
    する。
  2.各町内会長は、改廃の結果を各町内会に報告するものとする。

第16条 本会則は平成3年6月2日から施行する。

第17条 本会則は平成21年4月1日に一部改定し施行する。




住吉会館使用規定

第1条 住吉会館会則 第2章(目的及び事業)に基づき、使用にあたっての基本事項を定める。

第2条 住吉会館は各町内会共有の財産であり、使用にあたっては以下を遵守し、使用する誰もが“気持ちよく使用できる”環境を常に保持することに努めなければならない。
 1.常に整理整頓を心がけること。
 2.移動した備品等は、使用後は元の場所に整理整頓のうえ収納すること。
 3.ガス設備等を使用した場合は、消火を確認し、元栓を必ず締め、その確認を
   行うこと。
 4.照明(特に洗面所の照明)、空調等の電気設備の消灯を必ず確認すること。
 5.消耗品等、不足が認められる場合は、速やかに管理担当に連絡すること
   (なるべく事前に)。
 6.使用時に排出した、ごみ類、その他は使用者が持ち帰り処理すること
   (外に放置しない)。
 7.使用責任者は、記録簿の記載内容に従って最終確認をし、記録簿に必要事項
   を記載すること。
 8.使用責任者は、使用後の施錠の確認をし、鍵を速やかに管理者に返却する
   こと。
 9.備品・設備等を破損した場合は利用者が弁済するものとする。
 10.上記事項を守らなかった場合は、次回以降の使用を認めない場合がある。

第3条 使用にあたっての基準は以下の通りとする。
 1.使用可能な部屋は、以下とし厨房設備は共用とする。
   1)和室大広間
   2)会議室(平成21年6月より使用可能)
 2.使用時間帯は以下とし、それぞれを1単位とする。
   1)午前使用: 6時◯◯分~12時◯◯分
    (6時以前の使用は管理者の承認を得ること。)
   2)午後使用:12時◯◯分~17時◯◯分
   3)夜間使用:17時◯◯分~22時◯◯分
    (22時を越えて使用する場合は管理者の承認を得ること。
     但し24時を超えないこと。)
 3.使用目的並びに使用料は以下の通りとする。
 (1)タイプ1
  【使用目的】
   1)町内会活動を目的とし、町内会(運営委員会を含む)が主催する会議・
     事業等に使用するもの。
   2)学校(PTAを含む)が公共目的に使用する場合で、運営委員会の承認
     を得たもの。
   3)会館会則に従って各町内会長が推薦し、運営委員会の承認を得たもの。
  【使用料】
    無料
  【記事】
    マンション会員等の自治会活動で自治会が主催し、町内会長が承認した
    ものを含む。 1)に準拠。
 (2)タイプ2
  【使用目的】
   1)会館会則第3条に定められた、“各町内会相互の親睦を図り地域の文化、
     保健の向上、環境の改善等、各町内会発展に寄与することを目的とする”
     もので、運営委員会の承認を得たもの。
     但し、商用、営利事業に関わるものは除く。
  【使用料】
    1000円(1単位)
  【記事】
    趣味のサークル等は除く。
 (3)タイプ3
  【使用目的】
   1)(1)(2)以外の商用、営利事業に関わらないもので、運営委員会の
    承認を得たもの。
  【使用料】
    2000円(1単位)
 (4)タイプ4
  【使用目的】
   1)商用、営利事業に関わるもので、運営委員会の承認を得たもの。
  【使用料】
    個別対応
 4.空調については、コイン式個別空調を設備し、それぞれコインにて利用する
   こととする。使用料は、各個別空調ごとに、3時間100円とする。
   (タイマー搭載の空調設備を設置)
第4条 使用責任者は、使用に際し、事故等に十分注意し利用するものとし、必要に応じ、使用者が損害保険・傷害保険等を利用するものとする。会館運営委員会はその責を負わない。

第5条 附則
 1.本規定は、平成21年4月1日に全面改訂し施行する。
   但し、第3条については、平成21年6月1日より適用する。
   (平成21年5月は改修工事のため)



Copyright 2014-2015 Minamisumiyoshi Chounaikai All rights reserved. Powered by Indies, LLC.